2011年09月19日

日米の大学生が茶道、生け花、折り紙、きものを体験

本日のお客様はアメリカと日本の大学生と、先生方でした。
春花園BONSAI美術館にて、
茶道、生け花、折り紙、きもの着付けの4点セットを全員に体験していただきました。

110919_1.jpg 110919_3.jpg

みなさんお若いこともあってとても飲み込みが早く、
スタッフの説明を受けて生け花や折り紙もスムーズにこなしてくれました。

110919_2.jpg
完成した生け花の作品もこの通り、とてもきれいに仕上がっていますね。

110919_5.jpg
そしてやはりきものの着付けの際には楽しい雰囲気に包まれます。


2時間あまりで4種類の日本文化体験のコース、
充実した時間をお過ごしいただけたでしょうか。
体験を通して交流も深まったのではないかと思います。


ところで今回は参加者の約半数が日本人のお客様でしたが、
日本にいても折り紙以外は普段はあまり体験する機会がない思います。
JCVのプログラムはもちろん日本人の方にもご利用いただけますし、
現在は「日本人のための日本文化体験コース」も開催しています。
日本人が日本の伝統文化に触れられる機会を増やして行ければと考えています。


posted by jcv at 22:56| Comment(0) | 体験の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

日本人のための日本文化体験コース 第5回 落語体験

本日は「日本人のための日本文化体験コース」の第5回「落語体験」を開催しました。
会場である上野宋雲院のご住職にご紹介いただいた縁で、
講師として落語家の林家正雀師匠をお招きすることができました。

110827_1.jpg

演目は「田能久」と怪談話「江島屋騒動」の2つ。
合間には参加者からの質問を受け付けてくださり、
いろいろなエピソードなども織り交ぜてお話下さいました。

質問では例えば「江戸弁」の話が出ましたが、
はじめは意識しながら使っていた江戸弁の発音やイントネーションも、
徐々になじんできて、今では自然に出てくるそうです。

また洞爺湖での口演の際に、たくさんの子供たちが終始落ち着いて聞いていて、
きちんと理解して笑っていて感心したというエピソードもありました。

このエピソードの中では、地方などに行かれる場合に
事前にその土地の歴史なども調べ、ふさわしい演目を選ぶなどすることも知りました。

110827_2.jpg

今回は20名ほどの方がご参加下さいました。
約1時間30分の口演の後のお茶会の輪には師匠にも加わっていただき
ここでも参加者からの様々な質問にざっくばらんにお答え下さいました。

林家正雀師匠の洗練された話芸を堪能させていただいた上に、
普段聞けないようなお話を聞くことができたことで、
今後落語を聞くときには、より深く味わうことができるような気がします。
とても有意義な時間を過ごすことができました。


「日本人のための日本文化体験コース」
次回は9月3日(土)の第6回「礼法・風呂敷ラッピング体験」です。
まだ受け付けておりますので、ぜひご参加下さい。


【お申し込み/お問い合せ先】
ジャパニーズカルチャービジット
生山厚子
Email info@japanese-culture-visit.com
Tel/Fax 03-5450-3969
HP http://www.japanese-culture-visit.com/index.html
posted by jcv at 22:06| Comment(0) | 体験の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

六本木の街を見下ろしながらきもの着付け体験

外国人のお客様のきもの着付け体験のため
六本木の一流ホテル、ザ・リッツ・カールトン東京へ行ってきました。

ホテルのお部屋での体験という珍しい形でしたが
会場の和室は9名のお客様と数名のスタッフが入っても悠々と使える広さです。

今回はいろいろな国からのご参加でした。
女性には色とりどりの振り袖を、男性にはシックな袴を着ていただき、
写真撮影をし、その場でプリントして手作りアルバムに入れてプレゼント。
皆様とてもよろこんでくださいました。

ホテルのお部屋は六本木のミッドタウンタワーの高層階にありますので、
東京の街を一望できる大きな窓からの眺めは感動的です。
それぞれに記念撮影も楽しんでいただきましたが、
床の間で撮れば伝統的な日本の中に、
窓辺で撮れば高層ビルの立ち並ぶ現代の東京の中にきもの姿で入り込み、
おもしろい記念写真になったのではないでしょうか。

110730_2.jpg

サービスの行き届いた素晴らしいホテル、ザ・リッツ・カールトン東京で
私たちスタッフもとても気持ちよくお仕事させていただきました。
また六本木にも多くの観光客が戻り、
この場所で日本文化を体験していただけるといいなと願っています。



110730_1.jpg
仕事後、スタッフもつい記念撮影。
わかりにくいですが、東京タワーも見えます。
posted by jcv at 23:24| Comment(0) | 体験の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。